2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋愛小説家の初恋(結城瑛朱)

…今は、君が僕の恋人なんだろう?
やすらぎも不安も、喜びも切なさも、全部あなたが教えてくれた。

天然な小説家・佐倉の新担当は、出来すぎなほど男前な嘉悦。経験がないから小説が書けないという佐倉に微笑みながら『恋愛ごっこ』を提案してきて!? 何も知らない佐倉を嘉悦は優しく抱きよせる。甘いキスも差しのべられた手の体温も。もっと触れたくて、もっと深く繋がっていたくて…いつのまにか、佐倉の中は彼で一杯になっていて。何処かで嘘が真実に変わるかもしれないと願ってしまう佐倉は、いつか終わる『恋愛ごっこ』に不安を募らせていき…。

 

【感想】★★★★☆

続きを読む

スポンサーサイト
あなたの指は僕を奏でる(結城瑛朱)

君を、迎えにきた。私と一緒に来るか?
大切にしてくれるのに、触れてくれるのに、その理由を思えば涙が溢れた。

『いつか、必ず夏生を迎えにくる』―十年前の約束通り、音大生になった夏生の前に外科医・宮本は現れた。優しげな面影が精悍な大人の余裕に変わっていても、その手を待ち続けていた夏生にためらいはなかった。しかし夏生に知らされたのは、異母兄が夏生を売ったという事実で!? 夏生を所有物と言い放ち、その立場を思い知らせるように暴力的なまでの快楽を与える宮本。だが、まるで大切な者を呼ぶような声音に、夏生はいつしか惹かれていき…。

 

【感想】★★★★☆

続きを読む

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。