2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シチリアの花嫁(妃川螢)

★★★☆☆
言葉も話せないのに、あまりに言葉を理解し過ぎな上に知恵も回り過ぎな赤ちゃん&猫に、「ファンタジーかっ!?」って感じだった。
それはも~、BLがどうとかマフィアがどうとか以上に違和感ありまくりで。(苦笑)
スポンサーサイト
病理検査室の暴君(春原いずみ)

★★★★★
タイトルでは『暴君』となってますが、受を手に入れるのに必死な感じで楽しかった。(笑)
ベタ惚れですね。
だけどまさか小学生の時から目を付けていたとはっ。(笑)
年の差15歳。(藤崎都)
年の差15歳。 (角川ルビー文庫)
年の差15歳。 (角川ルビー文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)(2013-02-28)

★★★☆☆
今時こんなにスレてない二十歳がいるのか。
攻の恋人についてとか全くリサーチしてなかったみたいだけど、何せ年の差15歳。
大人になるのを指折り数えてる間に結婚されちゃったらどうするつもりだったんだろう?
未必の恋-CROSS OVER-(妃川螢)

★★★★☆
受の刑事のカンが凄過ぎる。
殆ど全編にわたり証拠は何もなくカンだけで動いてるもんな~。(苦笑)
でも、男前で仕事の出来る受はイイv
レーベルが休刊になるらしいけど、続編は打ち切り?!
まだ恋人とは言い切れない状態だし、受のお父さんの事件についても未解決のままだし。
すごく中途半端な状態なんですが…??
遠回りな恋だけど(響高綱)

★★★☆☆
攻のあの態度で長い片思いとか言われても信じ難い。
どちらかと言うと利用しているって方がしっくりくる態度だと思うけど。
その後も妙に極端から極端に突っ走ったり、年長者として余りに上手くない。(呆)
そんな二人が両想いになった途端に立場が逆転するのは、も~必然って感じ。(笑)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。