2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少年は神の花嫁になる(夜光花)

★★★★☆
魔女って子沢山なのね。
それにしても、『神の子』の身代わりのはずなのに何でタイトルは『神の花嫁』なんだろう?
謎だ…。
思うに樹里って、ホントに『神の子』なんじゃないかな~。
そうじゃないと、生まれた頃から近くに神獣が付いてるのがおかしいし。
父親が誰かも分からないみたいだしね。
スポンサーサイト
バグ(夜光花)

★★★★☆
とても楽しく読めました。
ファンタジーな設定も、とても好みだし。
──ただひとつ、戦う対象が人に寄生する巨大な蟲という点を除いては。(汗)
リアルなイラストとかがなかったのが救いです。
凄く気になる所で終わっているので、続きがとても気になります。
ラブシッター(夜光花)

★★★☆☆
最初、最悪な攻だな~と思ったけど、それ以上に元妻がヒド過ぎて攻がマシに思える。(苦笑)
受に同情しつつ読み進むうち、あまりの受のマイペースさに最後にはむしろ攻の方が気の毒な気もして、案外いい組み合わせなのかも!?(笑)
火曜日の狂夢(夜光花)

★★★☆☆
時間管理局とか言って、こんなウッカリ者でいいのか。(笑)
その割には妙に偉そうだし。
そもそも受は何で過去から飛ばされちゃったり、何回も死んだりしたんだろう?
薔薇の誕生(夜光花)

★★★★☆
レヴィン贔屓の私としては満足のラストです。(笑)
結局アダムがどんな事を思いながら生き続けてきたのか、何だか気になります。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。