2017/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒羽と鵙目・9(花郎藤子)

★★★★☆
前巻から時間が経ち過ぎて少々記憶が曖昧に…。(苦笑)
毎度同じ感想だけど、つくづく鳩子のお父さんは何がしたいのか良く分からない。
黒羽以外にはかなり鷹揚な鵙目をマジギレさせたのは大したもんだ。
スポンサーサイト
黒羽と鵙目・8(花郎藤子)

★★★☆☆
前巻から随分と間隔が開いたわりに、これといった展開はなかった。
相変わらず、受けのお姉さんにもうちょっと緊張感が欲しい。
黒羽と鵙目・7(花郎藤子)

にぎやかになってきたぞ!

中国マフィアとの一件で警察へ出向いた鵙目は、そこにいた猪口という刑事から、最近黒羽が都内のマンションで男の愛人を囲っているという話を聞かされる。落ち着かない気持ちの鵙目だったが、実は黒羽は、井上審議官の愛人の子で鳩子の異母兄弟にあたる一雉という男子学生を軟禁していたのだった。一方、男鹿は井上の下で働いている同期の長谷川に、一雉を黒羽組から連れ戻すよう要請される。同期とはいえ全く反りの合わない長谷川の指図に男鹿は……。そして、その長谷川は祥の母親・亜沙美とも接触を図っていて……!? それぞれの思惑が交錯する第7弾!

 

【感想】★★★☆☆

続きを読む

黒羽と鵙目・6(花郎藤子)

犯罪が進行中…!?

鵙目と男鹿が「架空の恋人同士」を演じている計画の最中、ある理由から男鹿は黒羽を喫茶店へと呼び出した。龍虎が一対一で対面――そんなことになっているとは露知らぬ鵙目は、自分を避けて何日もアパートへ帰ってこない鳩子を気にかけていた。一方、マサルは黒羽の指示で情報屋の郡司という男に会いに行くが、郡司はマサカリを持ってうろつく胡乱な男に付きまとわれていた。そして横浜では、突然現れた祥の母親が、交通事故を装って前田の家に転がり込んでくる。そしてとうとう、中国人マフィアが鵙目のアパートを襲撃してきた……! 波乱含みの第6弾!

 

【感想】★★★☆☆

続きを読む

黒羽と鵙目・5(花郎藤子)

愛なんてどこにでも転がってる。

鵙目の使いで池袋に行かされたマサルの兄・安藤が、その界隈を縄張りにする島本組というヤクザに拉致監禁される。そのことが、黒羽組にかかってきた電話によって斉彬の知るところとなる。一方、借りを作ったお礼代わりに新宿署の刑事・男鹿の恋人のフリをすることになった鵙目は、鳩子のアドバイスを受け、殺風景な男鹿のアパートを模様替えし、食事を作るなどして上手く恋人役をこなしていたのだが、なぜだがそのことも、どうやら斉彬の耳に入ったようで……。一転、窮地に陥った鵙目に対して斉彬が取った行動は!? 待望の極道ロマンス第5弾!

 

【感想】★★★☆☆

続きを読む

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。