2010/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飼い主はなつかない(菱沢九月)

★★★★☆
人のオーラが見えるだけかと思っていたので、オカルト風味を帯びて来た時にはちょっと引いてしまった…。(苦笑)
受けは『変わってる』なんて可愛いもんじゃなくて、明らかに『社会不適合者』な感じだったので、コレで一体どうやって恋愛するのかと最初は思ったけど、──攻めはある意味マニアックな忍耐強い人物だった。(笑)
そして受けはどんどん丸くなって、いつの間にかすっかりラブラブv せいぜい『ちょっと変わった人』になった。
ま~変われば変わるもんだ…。
でも、死んでしまったハツカネズミを飼い続けるのは切な過ぎるので、大切に思える人が出来て本当に良かった!!
スポンサーサイト
もしも願いが叶うなら(安曇ひかる)
★★★☆☆
攻めが文句のつけようがないくらいイイ人過ぎる。
大人の分別があって、責任を被る気遣いとか、受けの為に身を引きながらも一途に想い続けてるし。
ここまで完璧だとリアルさに欠けるとか思ってしまう捻くれた私…。(苦笑)
何にしても4年は長過ぎる。
受けにしても、記憶喪失と言っても1日分だけで、攻めの事を忘れてしまったとかじゃないし。
それで見舞いにも来てもらえず、4年近くも何も行動を起こさず黙って退院できる日を待つなんて有り得ない~。
そもそも、意識は戻ったんだから、ある程度まで回復したらリハビリは自宅から通うんじゃないの? とか現実的な事を考えてみたり…。(苦笑)
静かにことばは揺れている(崎谷はるひ)

★★★★★
攻めの息子がイイですっ!!
恋人と言うよりも家族としての3人の関係が、とにかく良かった。
攻めも最初は性欲に引きずられた感があったり、自分の気持ちが分からなくなったりしてましたが、腹を括った後は物凄く男前だった。
何か、この家族いいな~。
それはそうと、受けはそもそも後継者問題から脱落して虐げられるようになったのに、代わりに後継者となった弟は支社に厄介払いされた挙句クビ目前って…後継者は結局どうなっちゃうんでしょう!?
他人が継いで済む話なら、最初から受けが虐げられる必要もなかったのでは?
心臓がふかく爆ぜている(崎谷はるひ)

★★★☆☆
受けが自分に自信がなくてネガティブ過ぎて、読んでてモヤモヤしてしまった。 (溜息)
攻めが元カノの相談に乗っていて大喧嘩になってますが、これは絶対に攻めの方が悪いと思う。
誤解されたくないから~とか言って相手が元カノだって話すなら、何でその元カノが既に結婚して子供もいるって事まで教えておかないのか!?
何かいつの間にか受けの方が責められ出して、最終的にお互い様みたいになってたけど、明らかに攻めが悪かったと思うけどな~。
この攻めは凄く細かく気遣いの人な時と大雑把で無神経な時と、妙にムラのある人物ですね。
恋する遺伝子~嘘と誤解は恋のせい~(小林典雅)

★★★★☆
男(しかも攻め)が妊娠するというビックリなストーリーです。(笑)
未来の世界では医学の進歩で~とかのテキトーな設定じゃなく、時代は現代だし妙にしっかり設定が作られてて、変に感心しながら読み進めたら──このオチか…。(苦笑)
何だかガッカリと言うか、拍子抜けしてしまった。
ともかく、攻めの性格がイイ♪
同時収録の『完全版』では、ひたすら前作の二人の強烈なバカップルぶりが書かれています。(笑)
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。