2011/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ココロノイロ(栗城偲)

★★★☆☆
結局、攻は何で転科する事を黙ってたのかな~?
攻のお父さん、高校生相手に大人げなさ過ぎ。
おじいさんの方は小学生を相手にしてるんじゃないんだから…。(苦笑)
受は人付き合いを全くして来なかった割に現実的でしっかりしてる。
スポンサーサイト
だってうまく言えない(きたざわ尋子)

★★★★☆
確かに女性関係に問題アリな攻だけど、受を口説く前にまず身綺麗にしたのは感心です。
攻の元同僚は本当にキモイので、あっさり消えてくれて良かったです。
恋の孵化音-Love Recipe-(妃川螢)

★★★☆☆
いきなり職場で押し倒すとは…見咎められなくて何よりです。(苦笑)
それにしても、いくら健康に良くても自宅での食生活が生野菜と果物だけってのは私には無理だな~。
終わることのない悲しみを(夏乃穂足)

★★★★☆
受と攻と受の元妻の間の諸々は予想通りでありきたりな印象がしましたが、その後の二人が纏まるまでの展開は、それぞれトラウマを抱えていたりして中々思ったように進展せず、もどかしくも楽しく読めました。
攻はもっと傲慢な人かと思ったら全然そうじゃなく凄く一途で、最後に受に告白されてむせび泣いてしまうあたり、本当に気持ちが伝わって来て良かった。
真夜中クロニクル(凪良ゆう)

★★★★★
途中までは「このテの病気の人はミュージシャンになるのがお約束なのかな~」などと思いつつ読んでいましたが、最後まで読んでみたらきちんと独自の世界が確立していて良かったです。
攻は最初からまだ小学生ながら一生懸命に受を想っていて、その後も根気強く接し続け、一途でしっかりしていて大したもんだ~と感心していたのに…肝心の所でヘタレてしまって。
その辺やっぱり年下だな~って感じでした。
とても丁寧に不器用で一生懸命な二人が書かれていて、満足ですv
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。