2012/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランウェイで暴君とダンスを(石原ひな子)

★★★★☆
攻が、いつの間に仕事抜きでこんなに受にハマっちゃったのかイマイチ分からなかったけど、遊び人がボロボロになって「捨てないでくれ」とか言っちゃうのはイイ。(笑)
スポンサーサイト
蒼穹のドルチェ 陽だまりに吹く風⑥(吉原理恵子)

★★★☆☆
さして厚くもない本に様々なエピソードを詰め込んで、浅~く流されて行った印象です。
1冊にエピソードひとつでいいので、もっと掘り下げて欲しかった。
龍の憂事、Dr.の奮戦(樹生かなめ)

★★★★☆
今回の事が片付いても、人質を取れば言いなりになる前例を作っちゃって今後大丈夫なんだろうか。
何にしても、ヨリを戻せば1週間でカタが付くとか、有り得ない。
次回は氷川の活躍(?)が見たい。(笑)
晩餐会の夜に抱かれて(日向唯稀)

★★★★☆
1年半も何の進展もなかったのに、急展開で一気にラブラブになったもんだ。
でも、攻が当主を継ぐって事は、付き合いだした途端に遠距離恋愛?
誰もその点に全く触れてなかったけど…。
闇の皇太子 思い違いの絆人(金沢有倖)

★★★☆☆
こんなにアッサリ片付くなら、もっと早く何とかなったのでは?!…と思うのは私だけでしょうか。
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。