2013/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
八百万の恋わずらい(みどうちん)

★★★★☆
お嬢様、本性むき出しにし過ぎ。(苦笑)
これじゃーあて馬にもなれない。
恋人になった二人は、ほのぼのラブラブを通り過ぎて鬱陶しいバカップルに。(笑)
スポンサーサイト
花嫁は魔法使い(魚谷しおり)

★★★☆☆
元妻はあくまで元・妻でしかないのに、何でこんな当たり前みたいに受を追い出しに掛かってるのか謎だ。
攻も人が変わったように受を溺愛してるのはいいけど、女装させて連れ歩くのは何か違うと思う。
一途な独占欲(吉田ナツ)

★★★★☆
こういう完璧で高慢なタイプの攻が受に振り回されてるお話は楽しい。
特に2話目のSSで『好みの丸顔に出会ってしまったら~』とか心配してるのが笑える。
別に受も丸顔だから好みってわけじゃないと思うけど、1話目を含め何度『丸顔』って単語が出て来たことか。
『大きな丸顔と小さな丸顔』って…。(笑)
お庭番望月蒼司朗参る! 石の卵と記念品(流星香)

★★★★☆
いつものピヨ四神だけでなく、更にヒヨコまで。
つくづく癒やし系です。(笑)
結局、今回の騒動の黒幕は誰だったんだろう?
ふたり暮らしは不埒で甘く(海原透子)

★★★☆☆
攻の豹変ぶりにビックリ。
最初のヒド過ぎる節操なしっぷりからのギャップが凄い。(笑)
どうせならお兄さんがどんな反応をするのか、そこまで書いて欲しかった。
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。