2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青鯉(たけうちりうと)

もしかして、私は。臭っているのではないだろうか。平凡な会社員として暮らしてきた七瀬亮は、ある日突然、自分の体臭が変わったことに気がつく。いったい、どうして? そんなとき、川辺に住む老人からプールへ行くように助言される。そこで七瀬は運命的な出逢いは果たす。愛とか恋とか、そんな言葉では語りきれない出逢いだった──宇宙を巡るた奇蹟のロマンス、誕生! 表題作ほか吸血鬼の焦がれる想いを描いた『デリート』も同時収録。

 

【感想】★★★☆☆

とても不思議なお話です。色々と非現実的なお話はありますが、〝鯉〟は相当珍しいんじゃぁないかと…。文章も上手くて、とても読みやすいんですが、1つ気になるのは、何だか読んでる間中 生臭いような錯覚を受けることです。(私だけかもしれませんが…。)
奥さんが恐かったです。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。