2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集者は艶夜に惑わす(水上ルイ)

…なんでこんな意地悪男を…愛してしまったんだろう?
大手出版社の副編集長・高柳は、世界的なグラフィックデザイナー・五嶋に、仕事を請ける条件として同居を迫られ…!?

大手出版社副編集長・高柳慶介は、恋人の耀司から「自覚がないならいつまで経っても恋などできないよ?」と意味深な言葉で振られてしまう。そんなとき、世界的に有名なデザイナー・五嶋雅春が現れ、装丁の仕事を請ける条件として同居を求めてくる。好みとは正反対の逞しい五嶋になぜか惹かれてしまう高柳。一方、五嶋の内面も複雑に揺れて!?

 

【感想】★★★☆☆

スピンオフです。
前巻で、高柳は大城のイトコとラブラブ同棲中って感じだったので、そのカップルのお話だとばかり思っていたら、冒頭でいきなり別れてしまっています。…別れると言うか、恋人未満でただの同居だったような!? ビックリしました。
てっきり攻めだと思っていた高林が、何だかどんどん可愛くなり、綺麗になり…。見事な受けに転身しています。前巻でのイメージがガラガラと崩れて行く~。
前巻では大城とカップルになった新人編集者・小田が綺麗だ、可愛いと散々言われていたのに、今回になって高柳の方がモテモテ(?)になっています。何だかね~。
新人作家が登場しますが、その彼もまた凄い美青年。──1ヶ所に芸能人でもない美形が集まり過ぎです。こーゆーのが水上さんのお話のお約束とはいえ、この新人作家は何もここまで美青年設定にする必要はなかったような気がします。ちょっと食傷気味…。
前巻では小田が騙されて襲われましたが、今回は五嶋が一服盛られて襲われます。五嶋は体格も良くて、バリバリ攻めなのに!? と思ったら、薬を使って無理やり犯させるんだとか…。──世の中には色んな人がいます…。(失笑)
それにしても、このライバル社の編集長・大久保ですが、そのまま放置したんですかねぇ? かなり危険人物だし、作家さん達もヒドイ目に遭っているようなので、何とかした方が良さそうですが~。ストーリー的にはどうでもいいキャラなんでしょうが、少し気になりました。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。