2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
純情コンプレックス(宇宮有芽)

記憶にある姿より精悍でカッコイイ、見惚れていると切れ長の瞳に見返され、真人は慌てて視線を逸らした。5年振りに会った双子の兄の親友、久世に、気難しい猫の世話を頼まれた真人は、戸惑いながらも引き受ける。だが、久世との同居の楽しさ故に、ここは自分の場所じゃないことに気づき心を痛める。更に、酔った夜、唇も体もとろとろになるようなキスをされ! その上、寝込んだ久世に抱き竦められて、甘く疼く欲望を震わせる!! 過去の苦い決意を忘れそうになる自分に怯え、真人は──。

 

【感想】★★★☆☆

双子の兄の親友でも、真人はまともに話した事もないのに、いきなり久世の家に住むとか、あり得ないと思う。しかも、その後ズルズルと同居を始めちゃって…。かなり無理矢理な感じがします。
1番初めにキスした時も、あまりに無理矢理な気がします。しかも、その後 何事もなかったように平然としてるって、不自然過ぎだと思うんですよ。
久世が真人を好きになるのも、もう少し大きなエピソードでもないと、理解しにくいですね。何せ、真人と双子の兄の秀人はウリふたつなので。久世が密かに、秀人に淡い恋心を抱いてたとか、秀人は顔に似合わず腹黒い性格だとか、そういう事なら分かるんですが。
どうでもいい事ですが、そもそも秀人は何をしてる人だから久世の頼みを聞けなかったんでしょう? あと、久世が「秀人はブラコンだ」と言ってますが、本人の言動はブラコンって程のものは感じられないような…。ブラコン設定って、必要だったんでしょうか?
色々と気にし出すと不可解な点が多々あるようなので、あまり何も考えずに読むといいのかもしれませんね。サラッと読む分には、悪くないかと。
ちなみに、我が家にもネコがいます。私は、ジャストナウうんこよりオシッコの方が臭いと思う…。それにしても、あの真人の自作の歌。あれは笑い飛ばしてもらわないと。まともに肯定されるって、最悪です…。私なら立ち直れない気がします──。
そう言えば、湊が送ってきたホモDVDって、例の不器用な恋のスタンス (f‐ラピス文庫) で湊が本棚の奥にしまい込んだヤツですかね? 出番があって良かったじゃないですかー!! これもまた久世に発見されてしまう真人って、つくづくツイてないひとですね…。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。