2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花嫁は今夜もブルー(凪良ゆう)

愛する朝倉とラブラブな新婚生活を過ごす拓海。名門ホテルの御曹司である朝倉は、対外的には拓海の姉・美花を妻と紹介している。この件をマスコミが嗅ぎ付け、しかもコワーい姑の耳に入って…!?

 

【感想】★★★★☆

花嫁はマリッジブルー (白泉社花丸文庫 な 7-1) の続編です。
文章にコメディっぽいリズムのようなものが感じられて、読みやすかったです。
登場人物が皆それぞれ味があって面白いです。拓海なんかは、グイグイ引っ張ってくれるような強さと鷹揚さがあり、さらに何と言っても甘え上手でもある! 男女どんな人とでも いい恋愛が出来そうなタイプです。朝倉は、地位も名誉も金もあって一見完璧なのに天然…。珍しいキャラですね。私は緑子さんが結構気に入ってて、今後もどんどん拓海と仲良くなって、その流れで2人の事も認めてあげて欲しいです。そしたら、家族4人で団らんとかしたりして幸せになれそうだから。跡継ぎ問題は残りますが…。
巻末SSに、美花とエディの新婚旅行が載ってます。美花は大変な目にあってますが、笑えます。
美花は絶対お近づきにはなりたくないタイプですが、あれだけ強烈だと天晴れですね。朝倉も今作では振り下ろしの右ストレートをくらってます。ただの右ストレートでもスゴイのに、振り下ろしって…。つい勢い余って殺人犯にならないよう祈ります──。
美花とエディって、結婚したと言っても籍は入ってないはずですよね? 美花が子供の話をしてたけど、本当に子供が出来たらどうするんでしょう? まさか、朝倉の子供として育てるわけには行かないしねぇ。

 

 

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。