2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みずいろの夜にあまく(きたざわ尋子)

おまけはついてきたものの、完璧な恋人・裕一郎との同棲に踏み切ることができた睦紀。 この上なくあまい日々の幕開け――しかし、ふたりの周囲は騒がしい。 破滅的に不器用な睦紀にとって居心地のいい貴重なバイト先が存続の危機なのだ。 一方、溺愛する妹・和佳奈が新居を訪れ、彼女ばかりにかまける睦紀に、裕一郎が大人げなく拗ねてしまい……?

 

【感想】★★★☆☆

前巻で話の出た同居(同棲)生活がスタートしています。睦紀の弟の春海はまだ高3なので、取り敢えず4人での生活です。
そして、弟に引き続き、今度は妹・和佳奈の登場です。彼女はまだ中3なんですが、兄弟の中で一番しっかりしているようです。…って言うか、しっかりし過ぎです。実際にこんなにしっかりした中3がいたら、可愛げがない気がします。せめて高校生にしておけば良かったのに…。
そんなしっかりした妹なので、睦紀と裕一郎の間の空気の違いにも当然のように気付きます。その上、春海のように動揺する事もなく、妙に冷静に認めています。──こんな中3、ちょっとヤだ…。
真誠の作家デビューが決まり、翡晶館を閉める事になりますが、どうやら今後は睦紀の出張占いという事になるようで一安心です。……それにしても皆に心配されている睦紀の将来ですが、確かに気になります。営業や接客はダメで、事務職も向いていないと言われてしまっています。他に一体何が?
SSは弟の春海のお話です。何だかすっかりキャラが壊れて来ています。どうも海里に惹かれているようで、和佳奈が冷静に「手に負える相手じゃない」と言っているのに、春海の耳には全く届いていないようです。何とも視野狭窄と言うか、人を見る目がないんですね~。抜けてる長男に比べてしっかりした次男だったはずなのに…。そんな春海の状態に海里が気づかないはずもなく…今後いいようにオモチャにされそうで、何だか哀れを感じます…。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。