2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
運命の許婚者(夢乃咲実)

唇が触れて、心が震える。貴方に奪われたい。
実力と自信に溢れたエリート・元宮に熱く求愛されて… 結ばれるのは運命の甘い恋、オール書き下ろし!

「あなたが私を誘って、私の中の獣を解き放とうとしているのですよ」御曹司だけど出版社勤めをしている悠里は、仕事の交渉相手、元宮に初対面のはずなのに恋人のように甘くエスコートされてしまう。元宮の勘違いだろうと思いつつも、熱くとろけるような眼差しにどんどん惹かれていく悠里は、ついに唇を奪われて、そして…vv でも悠里には祖父の決めた許婚者との結婚話が進められていて…!? 運命の悪戯が結ぶ甘い恋オール書き下ろし!!

 

【感想】★★★☆☆

男同士なのに許婚者、っていうお話です。
最初に悠里の夢に出てきた燕尾服の男の子が元宮だっていうのは、すぐに想像できたのですが、女の子も登場していたので、まさか妹が存在しないとは思わなかった…。ちょっと予想外でした。
昔立ち消えになった縁組話を復活させるにしても、子供の頃に一度会ったきりで、それから20年近くも経過していて、取り敢えず写真とか一度会ってみてとか何もなく、どんどん話を進めるのは不自然な気がしました。
悠里の義母が、父親の会社が潰れそうだと勘違いして勝手に話を進めていたのですが、何故わざわざ男同志の縁組を復活させるのかが分からない…。悠里の家柄もいいんだから、資産家のお嬢さんとかとの縁組を勧めるのが普通なのでは? ──悠里は跡取りで一人っ子なのに、男同志の縁組なんかしちゃったら家が途絶えてしまうのに…。そもそもこのお義母さん、悠里は断っているのに亡くなった母親の事まで持ち出したりして強引に進めて、挙句勘違いじゃ済まないですよね~。悪い人じゃないのかもしれないけど、あんなに強引に男同志の縁組を勧めるなんて、実の親なら出来ない事だろうな~、とか思ってしまいました。
そんな感じで、義母の行動には違和感を感じましたが、悠里と元宮のやり取りは甘くて楽しく読めました。ただ、ちょっと二人とも言葉が足りない所があって、一言言えば余計な誤解もしなくていいのに~、と少々もどかしかったです。
どうでもいい事ですが、悠里の上司は「身体を使ってでも~」とか皆の前で怒鳴るなんて、最低です。心の中で思うのは勝手ですが、一般の会社でこんな事を上司が部下に命令するのは問題アリでしょう~! ──訴えてやればいいのに…。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。