2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恋のランク査定中!? 接吻両替屋奇譚(岡野麻里安)

お泊まり出張は大混乱!!
「恋人未満」2人きりのワクワク旅行は……

高校1年生の少年、八雲泉は『玉屋』の社長の美青年、諏訪雪彦と2泊3日の予定で、小田原への出張査定に行くことになった。同居人以上恋人未満の雪彦との「初めての2人きりの旅行」に緊張する泉。
ところが、先輩アルバイトの鷹宮征人ら『玉屋』の仲間たちがくっついてきたため、雪彦との仲がぎくしゃくしはじめる。そんな時、出張査定に現れた「客」のなかになんと鷹宮の死んだはずの父が!?

 

【感想】★★★★☆

仕事も兼ねた二人きりの旅行のはずが、要に邪魔されて、すっかり社員旅行に…。それにしても要は、ただイジワルをするだけでなく、相手の反応を見て楽しんでいるんだから、本当に性格が悪い。雪彦はどうしてこんな人と友人でいられるのか謎です。
すっかりガッカリしてしまった泉ですが、それだけじゃなく、泉の些細な一言で機嫌を損ねた幸彦に冷たい態度を取られ、せっかくの旅行が全く楽しめません。──何て言うか、幸彦って大人げない…。
この旅行では鷹宮が泉への気持ちを露わにして幸彦に宣戦布告をしますが、私もこんな大人げない幸彦よりも鷹宮と恋人になった方が幸せなのでは…と、ちょっと思ってしまいました。でも泉から見れば年齢の近い鷹宮よりも雪彦の方が落ち着いていて安心感があるのかもしれないし、何より同居しているだけあって情が移ってしまっているんでしょうね~。ついに泉は幸彦への気持ちを告白してしまっています。
何だか鷹宮が気の毒になってしまいましたが、いい事もありました。死んだと思っていたお父さんが生きていて、再会する事ができたんです。ただ一緒に帰る事は出来なかったのは残念でしたが、お父さんの愛情はしっかりと感じられたと思います。──お父さんの妙な軽さは、真面目な鷹宮には受け入れられない風でしたが…。
最初、泉がうっかり妖の亀姫に気に入られてしまった時はどうなる事かと思いましたが、悪い妖かと思った亀姫が敵わない相手から泉を守るために必死になって、命まで懸けてくれて、ちょっと感動でした。
雪彦と泉が恋人になってしまって、フラれてしまった形の鷹宮ですが、妖怪警察を辞めて改めて玉屋のバイトになっています。──まだ諦めてないんでしょうか…? 望みはなさそうだけど…。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。