2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちゃんと待ってる2(可南さらさ)

君が嬉しいと、きっと自分はもっと嬉しい
大学寮で隣同士だった智幸と貴一は少しずつ心を通い合わせ、恋人同士に。
しかしある出来事がきっかけで、貴一は智幸の前から姿を消してしまい…

あまりのモテぶりに”歯学部の女たらし”と陰で揶揄されるほどの男・白川貴一の恋人になって半年。相変わらず不器用で、感情表現の下手な貴一だったが、智幸の毎日はときめきと幸せに満ちていた。しかしそんなある日、貴一の母親を名乗る人物が現われると、貴一の様子は一変。不自然な言動が増え、寮にも戻らなくなってしまう。真意もわからず、心の支えにもなれなかったと自分を責める智幸。互いを思うあまりすれ違った気持ちを、再び通じ合わせることはできるのか――。

 

【感想】★★★☆☆

貴一のお母さんが登場します。前巻を読んだ感じだと、アル中の夫のDVに苦しめられた可哀想なお母さんって感じだったのに、全く違います。何と、お金の無心に来てるんですね~。しかも、これまでも度々現れていたらしく、そのせいで貴一は家族に迷惑を掛けないように寮に入る事にしたようです。子供を置いて出て行って、育ててくれている事に感謝するでもなく、お金を要求するなんて…。自分の方こそ養育費を払え!って感じです。しかも、智幸みたいな学生の財布まで狙って、わずか8千円もちゃっかり貰って行くなんて、ホント最低です。
脅されているわけでもないので警察に突き出すわけにもゆかないし、母親には違いないし、対処がやっかいだよな~。これはやっぱり今の両親に相談するしかないんじゃないのかな~。とか思いながら読んでいたんですが、貴一の態度は今一ハッキリしない。智幸にまで迷惑を掛けてしまった事で家出(?)をしてしまったものの、それで問題が解決するわけじゃないのにどうするのかな~と思っていたら、そこには貴一なりに複雑な想いがあったようです。どんなに最低でも母親だから…とかいう情があるわけではないようですが、あっさりと切り捨てて親と同じようになりたくなかったようです。──親がした事とは全然問題が違ってると思うのですが、まぁ当事者にしてみればそう冷静に割り切れないものがあるんでしょう。
今回、貴一のお兄さんが登場していますが、妙に明るい。どうも貴一の今の家族は、思った以上に明るくて、貴一を凄く可愛がっているようです。元々父方の伯父さん一家なわけですが、親の代からお金持ちみたいだし、そんな中で貴一の父親はどうしてロクデナシになってしまったんでしょうね~?? 
それにしても貴一って、あっちでもこっちでも、やたらと智幸の話をしてるんですね~。(笑) しかも、いつの間にか家族にカミングアウトしてるし…。
色々ありましたが、やっぱりラブラブな2人でした。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。