2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外科医は指先で挑発する(浅見茉莉)

「どうされたい? もっと強く捻ってやろうか。それとも優しく舐めてやるか? こんなにいやらしい色にして」
麻酔科医の真木は、手術のためにシアトルから招聘された傲慢辣腕外科医・吹上に、突然淫らな身体を暴かれ、弄られ、濡らされて……!!
真木の病院に追いかけてきてまで、情熱的に口説き続ける吹上。絶対に愛したりなんかしないと誓ったのに、鋭く甘い瞳に心は溶け――。したたるエロティックラブ、オール書き下ろし!!

 

【感想】★★★☆☆

吹上は傲慢で協調性に欠けたタイプで、真木に対してもしょっぱなから女性と間違えて「ねえちゃん」呼ばわりしたり、いきなりキスしたり。最初の印象は最悪です。
それにしても、いくらムッとしたからってベッドでの勝負を目論むなんて真木も無謀ですね~。案の定、すっかり吹上に翻弄された真木が目を覚ましてみると、吹上は一言もないまま既にアメリカに帰国してしまってるなんて、ホントに最悪です。
ところが、吹上はこんな失礼な去り方をしておきながら、すっかり真木にハマってしまったらしく、アメリカの病院を辞めて真木のいる病院に移って来ます。──何と言うか、無駄に行動力のある男です。
そこまでして真木の心も手に入れたいと口説くものの、真木にはゲーム感覚程度にしか受け止めてもらえません。──これはもう、最初の印象の悪さと、何か言動がイマイチ軽いせいでしょうね~。お気の毒…。
予想外だったのは、吹上がマメには口説くものの、真木がOKするまで無理にどうこうしたりせずに大人しく引いてた所です。仕事の面では相変わらず傲慢さ全開で、外科医たちの中で浮きまくってたようですが…。
真木の元セフレが復縁を迫ってきて、ついには拉致までされてしまうというトラブルがあり、何とか吹上に助けられて漸く真木も素直になれましたが、それにしても本当に危なかった…。相手は離婚を迫られている上に仕事でも医療ミスをして、どうも薬物もやっていたらしい。ただでさえ常識から外れた感じの男だったのに、それが自棄になってるんだから、何こそするか分からない所でした。
思うに、真木はちょっと男の趣味が良くないのでは…!?(笑)
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。