2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カリスマモデルの一途な恋(森本あき)

俺は永遠の愛を信じてる
清紘は、ルックス・性格・財力が揃った超人気モデルv
でも、仕事よりも幼なじみの気を惹くことに熱心で…!?
王子様に宣戦布告!! せんちめんたるラヴウォーズv

人気モデルの清紘は、抜群のルックス&大らかな性格&お金持ちと、どこをとっても完璧な王子様v 伊佐海が知り合った中学の頃からモテモテだったけれど、『なんでも手に入る』と言い切るような清紘のことが内心苦手で…。大人になった今、なぜか伊佐海は、清紘をNO.1モデルにするためのマネージメントに奔走する毎日を送っていた。なのに肝心の清紘はモデルとしての成功よりも、伊佐海の気を惹くことのほうに熱心で───!?

 

【感想】★★★☆☆

スピンオフです。前巻の二人も2話目の短編に登場していますv
モデルの清紘と事務所の経理をしている伊佐海は中学からの同級生で、大学の頃からかれこれ5年間は清紘が誘えばデートをしたりキスやカラダの関係もある。だけど、恋人として付き合う事には伊佐海がOKしないので、一応友人のまま。
伊佐海の方も清紘が好きでたまらないのに、清紘は手に入らないから執着しているんだと思い込んでいて、ほんの短い間の幸せを手に入れて別れてしまうより、ずっと友達で傍に居続ける方がいいと考えています。
──でも、明らかに友人の域を超えてるし、こんな考えで居続けられるのも、清紘がずっと伊佐海に好きだと言い続けていて、他の女の子と遊んだりしてないからだよね~。フリーだからと平気で二股とかする男だったら、別れの心配より前に嫉妬に苦しむだろうから。ま、清紘にしても伊佐海の気持ちがバレバレだったからこそ余裕があったんだろうけど。
それにしても伊佐海って、最初から清紘に気持ちがバレていたと知った後も、「好き」と言うようになったり自分からキスしたりするようにはなったものの、やっぱりまだ恋人になる決心はつかないって…面倒な性格ですね~。まぁ、実質恋人と変わりませんが。──友達でも喧嘩別れする事はあるし、恋人でも別れた後に友達になるケースもあるのにね~…。(苦笑)

 

 

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。