2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛を教えて~カフェものがたり~(森本あき)

恥ずかしいことしてほしい?
ドSバーテンダーとお坊ちゃんのビターラブv

「君は私のことが好きなんだよね」
前田衣音が、そう言われながらバーテンダーの高岡に抱かれたのは、バー『キャベンディッシュ』でバイトを始めてしばらく経ってから。そう、衣音は高岡に恋をしている。彼は、仕事をしている時はとても優しいのに閉店後になると、少し意地悪になる。二人だけの薄暗いバーで、繰り返し抱かれながら衣音は思う。自分は欲望の処理をされているだけ。だからこれは成就するはずのない恋だ――と。

 

【感想】★★★☆☆

シリーズ2作目で、今度はドリンク担当でバーテンダーの高岡と、ウエイターの衣音のカップリングです。
衣音は恋愛どころか友人すらいなくて、アルバイトも初めてという、世間知らずで全くスレてない青年です。
そんな衣音に対して、高岡は自分の気持ちは一切見せないまま、衣音に好かれているのをいい事に、体だけの関係を結びます。──何だかな~。高岡ってイイ人っぽかったのに、これじゃー悪い男だよ…。それならそれで、衣音みたいなタイプじゃなく、もっと他に適した相手がいるだろうに…。
でも、そこには高岡の複雑な心境が潜んでいたようです。高岡は結婚していたんですが、奥さんが自分の親友と浮気してしまい、ダブルの裏切りに遭ってしまったんです。そのせいで、すっかり人の気持ちが信じられなくなってしまったものの、全く愛のない関係にも耐えられず、自分に好意を抱いている相手と刹那的な関係を結んでいたんです。
いくら衣音が「好き」と言っても、高岡はどうしても信じる事ができません。だけど、自分でも意識しないところで、もう一度信じられる相手に巡り合いたいという思いがあるんでしょう…。何だか、高岡も可哀想ですね~。
それにしても、今まで誰の事も好きにならなかった衣音が、高岡にはコロッと一目惚れみたいになっちゃって。何だか、憧れてるうちに早々に体の関係ができちゃって、その勢いに流されちゃったと言うか、錯覚してるのでは!?って気がしてしまうのですが、余計なお世話なんでしょうね~…。
──そんなこんなで、前巻に引き続き、この二人も恋人になっていません。でも、シリーズ3作目で、この二人の続きが収録されるそうです。高岡の心の傷は時間が掛かりそうだと思ったのに、以外にも短期で決着するんでしょうか。
次はいよいよシリーズ最後。シェフとオーナーのお話みたいです。この二人は既に出来上がっていて、同棲もして、お店も共同経営して、凄く上手くやってるようですが、一体どんなお話になるんでしょう??
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
書店サイト

 
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。